続ピカ待ち☆MD twin DIARY

新鮮分割胚移植で授かった我が子は、一卵性の双子だった! 妊娠経過や日々の記録、まとめなど。

13W3D健診。出血の理由

      2015/09/02

本日、13週の検診に行って来ました。

妊婦健診は、「健診」だと思うのですが、予約表だと「検診」になっています。医療センターでは15週をひとつの区切りにしているようなので、15週以降は健診になるのかな?

それはさておき、双子ちゃんたちは無事、生きていました。良かった。と同時に、出血が続いている理由が分かりました。

前回受診の時には指摘されませんでしたが、どうやら胎盤が子宮口(子宮の出口)をおおっているのが、繰り返す出血の原因のようです。今日診てもらった範囲では血腫などは見当たらないとのこと。理由がわかり、気持ち的にはすっきり。

とはいえ、この状態が後期まで変わらないと、前置胎盤ということになるのでは?もうこれ以上のリスクは勘弁していただきたいです…。子宮が大きくなるにつれ胎盤の位置も上がってくるはずなので、差し支えない位置に移動してくれますように。どっちにしても帝王切開とは思いますが。

さて、今日の双子ちゃんは、また一回り大きくなり、一段と人間らしくなっていました。前回同様、片方の子は手を一生懸命動かして何かをしていました(笑)

もう片方の子は、家に帰ってからエコー写真を見てみると、…なんだか、狭そう。大丈夫かな。頭の周りにスペースがなく、がっちりはまっている感じでした。エコーの切れ方の問題?

今日は二人とも下を向いていました。胎盤が出口にあるので、胎盤に頭突きしてるような格好です。

出血に関しては、やはり安静しか対処法がないらしく、腹痛や張りや鮮血を伴うようであれば早めの受診を、とのこと。職場の計らいで、今月いっぱいはお休みをいただけたので、ゆっくり休むことができそうです。

双子ちゃんだと分かる前に予定していた年末の旅行や、実家への帰省もけっきょく総キャンセルになってしまいました。こうなるともう、妊娠中の旅行は無理かな。仕方がないけれど、楽しみにしていたので残念です。

出血が落ち着いたら、家でベビー服×2を量産したいです^^

img010

 - 妊娠初期(10週〜)